坂本正直

略歴

  • 1914年(大正3年)1月 宮崎郡生目村(現宮崎市)生まれ。
  • 1934年 旧制宮崎中学校卒業。
  • 1935年 兵役を終え、独立美術協会京都研究所に入り、須田国太郎の指導を受ける。
  • 1937年〜40年 召集を受け中国へ。
  • 1940年 復員後、再び京都の研究所へ入り、独立展に出品する。
  • 1942年〜45年 2度目の召集で台湾へ。台湾美術展で塩月桃甫を知る。
  • 1947年 復員後、美術教師をするかたわら、瑛九の紹介を得て、かねてから傾倒していた山口薫に師事する。
  • 1955年 武蔵野美術大学卒業。独立美術協会を脱会し、モダンアート協会展に出品。
  • 1973年 国富町八代中を最後に退職。
  • 1953年 宮崎県展(現宮日総合美術展)無鑑査。
  • 1961年 独立美術協会会友を経て、モダンアート協会会員。
  • 1963年 第1回九州山口油絵コンクールでグランプリ受賞。(九州山口朝日賞)
  • 1966年 宮崎日日新聞文化賞。
  • 1967年 宮崎県文化賞。
  • 戦争体験や三蔵法師、馬などを主な題材としている。
    (橋本誠一さんの記録や2007年『宮崎洋画100年展』をもとにしました。)

  • 2011年 3月24日 午後2時2分 老衰の為 享年97歳




Translate »