家へ・高千穂通りを西へ

1997 827×932 油彩・カンヴァス

なじみの宮崎も高千穂通の両脇の家々も丸焼けで、無いのですから。
もう焼野原は、あたりまえであって、とにかく自分の家に帰らにゃならんでしょうが。
そして生きているかどうかわからんでしょうが。
もちろん今みたいに電話があるわけで無し。
はたして生きているのかなぁ。
不安があって、早く帰って確かめたい気持ちでいっぱいでした。

Translate »