(不明)

制作年不明 1,120×1,940 油彩・カンヴァス

「殺さないでもよかったんじゃないか」という反省があるんです。
南京の街の中を流れるクリークといわれる運河に月が明るく照らし出しています。
一人で見張りをしていた時に急に物音がして、中国人が現れ、驚いて思わず引き金を引いてしまいました。
その人を殺さずに、その人がずっと向こうへ行くのを見過ごしてやってもよかったんじゃないかという反省があるのです。




Translate »