作品目録

制作年 作品名 サイズ 技法、素材 所蔵先
1944 スケッチ(人物)4枚組 鉛筆、紙 立命館大学国際平和ミュージアム
1945 スケッチ(風景)4枚組 鉛筆、紙
1946 自画像 410×319 油彩、カンヴァス
1947 建設 油彩、カンヴァス
1950 自画像 647×534 油彩、カンヴァス 立命館大学国際平和ミュージアム
1951 スケッチ(波紋 馬と人) 357×260 水彩、紙
1952 新日向滑稽通信 挿絵 日向日日新聞掲載
1953 1,300×953 油彩、カンヴァス
1954 スケッチ(森芳雄先生) 415×300 鉛筆、紙
(不明) 610×818 油彩、カンヴァス
郷土文化 挿絵 朝日新聞宮崎版掲載
1954-55 白い馬 900×694 油彩、カンヴァス 国富町立八代中学校
1955 自画像デッサン 360×258 鉛筆、紙
自画像デッサン 356×257 鉛筆、紙
1956 馬と人 1,623×1,305 油彩、カンヴァス
馬の群 1,620×1,310 油彩、カンヴァス
夏の森 1,169×741 油彩、カンヴァス
スケッチ(人と馬) 351×250 コンテ、紙
日向夜話草28 挿絵 朝日新聞宮崎版掲載
1957 自画像デッサン 355×250 マジック、紙
自画像デッサン 385×270 マジック、紙
スケッチ(孤独) 376×269 コンテ、紙
スケッチ(馬(リズム)力強い馬群) 383×271 ペン、コンテ、紙
スケッチ(馬の群) 245×350 コンテ、紙
1959 馬(B) 1,628×1,302 油彩、カンヴァス
(不明) 530×414 油彩、カンヴァス
馬 母子 1,460×1,770 油彩、カンヴァス 宮崎太陽銀行本店
虹 馬の群れ 1,500×1,890 油彩、カンヴァス 宮崎太陽銀行本店
1960 スケッチ(白い馬) 356×250 コンテ、紙
1962 馬−51 1,860×1,308 油彩、カンヴァス
スケッチ(馬群) 355×250 コンテ、紙
1962-63 老馬 1,533×1,030 油彩、カンヴァス
1962-85 NO.6 白い馬 1,166×981 油彩、カンヴァス
1962-85 若駒 1,165×768 油彩、カンヴァス
1962-85 NO.5 馬の生涯 1,170×873 油彩、カンヴァス
1962-85 NO.3 出場する馬•••2 1,160×908 油彩、カンヴァス
1963 馬の一生 1,608×1,103 油彩、カンヴァス
廃馬 1,603×1,102 油彩、カンヴァス
ゴビタンを行く馬 1,180×935 油彩、カンヴァス
ゴビタンを行く馬 1,365×930 油彩、カンヴァス
1964 老いた病馬 1,653×1,163 油彩、カンヴァス
働き疲れた馬 1,652×1,160 油彩、カンヴァス
1964-98 疲れた馬 1,526×1,050 油彩、カンヴァス
1964 馬ー50 1,665×1,302 油彩、カンヴァス
1965 麦畑と馬 1,650×1,350 油彩、カンヴァス
馬の青春52 1,653×1,392 油彩、カンヴァス
馬の青春51 1,650×1,398 油彩、カンヴァス
1966 馬の霊に捧げる 1,652×1,353 油彩、カンヴァス
馬と旅人(夜) 1,535×1,344 油彩、カンヴァス
1966-77 満鉄 貨車にのせられて(満州) 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
1968-69 母性愛(馬) 1,630×1,305 油彩、カンヴァス
1968 月は落ちて 1,625×1,300 油彩、カンヴァス
馬よさようなら 1,620×1,122 油彩、カンヴァス
平家物語 1,176×1,620 油彩、カンヴァス
1969 スケッチ(貨物列車) 330×245 コンテ、紙
輸送船の中の馬 1,455×1,123 油彩、カンヴァス
1970 輸送船の中の空 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
1971 貨車にのせられて 1,120×1,620 油彩、カンヴァス
輸送船の雨 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
輸送船のなかの空 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
スケッチ(輸送船のなか) 379×188 コンテ、紙
1972 傷病兵 1,300×1,620 油彩、カンヴァス
大陸の土に 1,300×1,620 油彩、カンヴァス
大陸の土に(戦死者) 1,120×1,620 油彩、カンヴァス
1973 雪と馬 1,120×1,620 油彩、カンヴァス
貨車のなかの馬 652×455 油彩、カンヴァス
愛馬よ 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
輸送船にのせられて 1,940×1,303 油彩、カンヴァス
1973-74 輸送船のなかの馬 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
1973-74-98 馬を輸送船に(転戦・揚子江) 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
1974 月明りのなかの馬 700×1,172 油彩、カンヴァス
競馬場の杉 705×1,170 油彩、カンヴァス JRA宮崎育成牧場
スケッチ(馬の眼) 228×327 コンテ、紙
戦死した輜重一等兵 1,621×1,303 油彩、カンヴァス 宮崎県立美術館
1974-75 クリークの月ー馬 1,300×1,620 油彩、カンヴァス
1975 病馬と病兵 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
馬のいる風景 910×1,167 油彩、カンヴァス 個人蔵
馬との別れ 中支戦線 645×502 油彩、カンヴァス
病馬(足) 650×498 油彩、カンヴァス
スケッチ(風景)10枚組 鉛筆、ペン、紙
スケッチ(下北の水神様の杉) 375×255 コンテ、紙
スケッチ(あとえのえのき) 323×410 コンテ、紙
スケッチ(木) 405×320 コンテ、紙
1975-77 空襲 1,620×6,320 油彩、カンヴァス
1975-80 一ッ葉の浜塩たき 1947年ごろみた印象 652×910 油彩、カンヴァス 国富町立八代中学校
1976 戦争ー(人間の命) 1,120×1,940 油彩、カンヴァス
杉林の夢 803×1,167 油彩、カンヴァス 個人蔵
出発準備 401×527 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
宮崎県遺族会館
貨車にのせられて 393×266 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
人間が(戦争) 451×287 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
戦いの日の患者たち 355×520 リトグラフ
輸送船のなかの馬 532×270 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
輸送船のなかの馬 515×271 リトグラフ
輸送船のなかの空 470×316 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
人が(戦争) 416×282 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
戦死した輜重一等兵 418×307 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
傷病兵 352×477 リトグラフ
小行李の行軍 272×462 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
貨車のなかの馬たち 470×331 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
馬の歌 476×317 リトグラフ
戦いの日の患者たち 338×517 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
傷病兵 338×495 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
大陸の土に 285×426 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
雨と兵隊(小行李) 238×471 リトグラフ 宮崎県遺族会館
1976-77 クリークの月62-1 1,300×1,620 油彩、カンヴァス
1976-77 貨車にのせられて(日豊線) 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
1976-77 戦死者を 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
1976-77 捕虜 1,303×1,940 油彩、カンヴァス
1976-77 寒い夜の馬たち 1,120×1,620 油彩、カンヴァス
1976-77 クリークの月62-2 1,300×1,620 油彩、カンヴァス
1976-77 泥濘ーもうたてないー 970×1,620 油彩、カンヴァス
1976-77 戦いの日の傷病兵 1,120×2,910 油彩、カンヴァス
1976-98 勝哉号(都城) 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
1977 「姶良野」表紙絵 挿絵
スケッチ(風景)4枚組(陝西省) 水彩、コンテ、紙
スケッチ(風景)4枚組(小雁塔) 147×204 他 水彩、紙
スケッチ(大雁塔)4枚組 204×141 他 コンテ、紙
スケッチ(風景)4枚組 204×140 他 コンテ、紙
飯盒の水は 1,120×1,620 油彩、カンヴァス
莫愁湖 1,300×1,620 油彩、カンヴァス
戦死 803×1,167 油彩、カンヴァス
戦闘のある日 803×1,167 油彩、カンヴァス
北京通過 803×2,334 油彩、カンヴァス
1977-97 下船命令 1,622×1,305 油彩、カンヴァス
1977-98 戦場第一歩は雨 975×1,453 油彩、カンヴァス
1978-79 戦争(人間が人間を) 1,300×1,620 油彩、カンヴァス
1978-79 スケッチ(風景) 5枚組 143×204 鉛筆・コンテ・紙
1979 芀州の雨 652×803 油彩、カンヴァス
スケッチ(風景)4枚組(紫金山) 146×204 コンテ、紙
スケッチ(風景)4枚組(大明寺) 鉛筆、紙
スケッチ(風景)4枚組(霊谷塔) 鉛筆、紙
スケッチ(風景)2枚組(法浄寺(杭州)) 鉛筆、紙
スケッチ(風景)4枚組 鉛筆、コンテ、紙
スケッチ(風景)2枚組 175×250 鉛筆、コンテ、紙
スケッチ(風景)4枚組 175×250 鉛筆、紙
スケッチ(風景)2枚組(蘇州) 175×250 鉛筆、コンテ、紙
敗戦ー馬 652×500 油彩、カンヴァス
スケッチ(風景)4枚組(八達嶺(北京)) 230×146 鉛筆、コンテ、紙
敗戦ー引揚げ 727×530 油彩、カンヴァス
敗戦ー馬 652×530 油彩、カンヴァス
敗戦ー馬 727×606 油彩、カンヴァス
一ッ葉(冬) 727×1,167 油彩、カンヴァス
プラタナスの影ー南京 970×1,303 油彩、カンヴァス
乾陵の印象(兵馬俑(西安)) 970×1,303 油彩、カンヴァス
1979-80 敗戦、終戦ー1945年 1,624×3,542 油彩、カンヴァス 宮崎県立美術館
1979-81 貨車が通る 803×1,167 油彩、カンヴァス
1979-81 鉄道沿線のはしご 723×1,165 油彩、カンヴァス
1979-81 太湖の朝(無錫) 606×727 油彩、カンヴァス 個人蔵
1979-80 敗戦ー終戦ー1945年 727×530 油彩、カンヴァス
1980 スケッチ(風景)4枚組 175×250 他 鉛筆・コンテ、紙
スケッチ(西風の強い日) 405×335 コンテ、紙
引揚げ帰国上陸 鹿児島 1946年3月5日 1,300×1,120 油彩、カンヴァス
えのき(春) 1,455×1,120 油彩、カンヴァス
ポプラの並木 自転車 500×727 油彩、カンヴァス 個人蔵
スケッチ(木) 355×238 コンテ、紙
スケッチ(木) 405×335 コンテ、紙
立体作品 高735×横900×幅235 木、樹脂
1980-81 引揚・帰国・上陸 鹿児島 1945.3.5 606×727 油彩、カンヴァス
1980-81-89 手榴弾ーながめていた 1,303×1,940 油彩、カンヴァス
1980-81 2004 えのき 727×910 油彩、板
1981 一ッ葉の春 727×1,167 油彩、カンヴァス 宮崎市立檍中学校
1981-82 戦争・人間が人間を 1,300×1,620 油彩、カンヴァス 立命館大学国際平和ミュージアム
1982 貨車にのせられてー1937年の夏 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
手榴弾ーながめていたー2 970×1,303 油彩、カンヴァス 立命館大学国際平和ミュージアム
1982 2001 2006 敗戦ー終戦ー1945年の夏 1,303×894 油彩、カンヴァス
1983 スケッチ(軍靴) 250×350 鉛筆、紙
莫愁湖ー馬が見ていた 1,350×1,950 油彩、カンヴァス
馬のよろこび 1,403×960 油彩、カンヴァス
韓国岳の冬 380×455 油彩、カンヴァス
ふるさとの山 韓国岳の絶壁 1,167×910 油彩、カンヴァス 宮崎県立美術館
1983-84 輸送船にのせられて 1,940×1,303 油彩、カンヴァス
1983-85 1945年8月 敗戦の日 1,300×1,620 油彩、カンヴァス
1984 (不明) 652×455 油彩、カンヴァス
莫愁湖ー馬たちはみていた 1,300×1,620 油彩、カンヴァス 立命館大学国際平和ミュージアム
勝哉号 (3-1) クリークの月 1,623×1,123 油彩、カンヴァス 都城市立美術館
勝哉号 (3-2) 雨の日 1,623×1,123 油彩、カンヴァス 都城市立美術館
勝哉号 (3-3) 南京で別れた日 1,623×1,123 油彩、カンヴァス 都城市立美術館
日向こども民話 挿絵 宮崎日日新聞掲載
1985 馬と貨車にのせられて 1,120×1,445 油彩、カンヴァス
熱暑のなかの馬 1,303×894 油彩、カンヴァス
ゴビタンの布隆吉を行く 三蔵法師玄奘 727×1,167 油彩、カンヴァス
マラリヤにかかった病兵たち 1,120×1,455 油彩、カンヴァス
火焔山と高昌故城 1,120×1,455 油彩、カンヴァス
ぬかる道 抗州湾に上陸して(十二年十一月) 803×1,303 油彩、カンヴァス
泉に馬を連れて行く 三蔵法師玄奘月牙泉(敦煌) 803×1,167 油彩、カンヴァス
1985-86 馬たちは・・・中国に 1,620×2,610 油彩、カンヴァス 宮崎県立美術館
1985 1997 クリークの月ー馬 1,303×970 油彩、カンヴァス
1986-87-97 戦争・捕虜・人間が人間を 1,303×1,940 油彩、カンヴァス
1986 1997 戦争・捕虜をどうする 1,620×1,300 油彩、カンヴァス 立命館大学国際平和ミュージアム
1987 冷たい雨と馬 910×727 油彩、カンヴァス
8月15日の空・敗戦 910×727 油彩、カンヴァス
クリークの月・馬 910×652 油彩、カンヴァス
終戦8月15日 910×606 油彩、カンヴァス
1988 貨車にのせられて 1937年の夏 1,621×2,606 油彩、カンヴァス 宮崎県立美術館
1990-91 クリークの月 馬が見ていた 1,620×2,600 油彩、カンヴァス
1991-92 戦争ー殺すのをながめていた 1,620×2,600 油彩、カンヴァス
1991-2010 戦死者を開戦の当時は。 803×1,303 油彩、カンヴァス
1993 戦死者ー1939年 1,620×2,600 油彩、カンヴァス
1993-94 戦争ー人間が人間を 1,620×2,600 油彩、カンヴァス
1995 莫愁湖ー馬は見ていた 1,620×2,600 油彩、カンヴァス
1995? めしを食いつつ見ていた 油彩、カンヴァス
1995-96 玄奘三蔵法師求法の旅 高昌城の使者 652×1,164 油彩、カンヴァス
1996 火焔山を右手に 727×1,167 油彩、カンヴァス
1996-99 玄奘三蔵法師 高昌国の使者たち 高昌城近くに来た 1,300×1,620 油彩、カンヴァス 真栄寺
1996-99 玄奘法師 麹文泰 火焰山を右にながめて 1,300×1,620 油彩、カンヴァス 真栄寺
1996-2003 オリオン星座 1,122×1,454 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
1997 負傷兵 1,120×1,445 油彩、カンヴァス 宮崎県遺族会館
1946年3月5日帰国上陸ー鹿児島 1,620×1,620 油彩、カンヴァス 社会福祉法人まほろば福祉会
炎天のなか 970×1,455 油彩、カンヴァス
引揚げ帰国 桜島ー雨 1,303×970 油彩、カンヴァス
引揚げ者・船内 1,167×910 油彩、カンヴァス
牛の話で父の生存をしる 910×910 油彩、カンヴァス 国富町立八代中学校
家へ・高千穂通りを西へ 827×932 油彩、カンヴァス 国富町立八代中学校
RTO.跨線橋・宮崎駅 830×930 油彩、カンヴァス みやざき歴史文化館
1998 勝哉号は歩けない ここにおくことにした 1,620×2,600 油彩、カンヴァス
出馬する馬-1 1,159×906 油彩、カンヴァス
1998-99 輸送船にのせられてー黄海 2,600×1,620 油彩、カンヴァス
1999 少年の日見た馬 1,340×860 油彩、カンヴァス JRA宮崎育成牧場
馬を輸送船にのせる 1,000×600 油彩、カンヴァス
馬を輸送船にのせる 1,000×600 油彩、カンヴァス
雨にぬれて 1,625×1,312 油彩、カンヴァス
2000 夏 双石山登山 文政十二年十月十五日 1,940×1,303 油彩、カンヴァス 宮崎市安井息軒記念館
2000 輸送船にのせられて 揚子江 2,600×1,620 油彩、カンヴァス
振徳堂の助教(三十三歳のころ) 660×1,940 油彩、カンヴァス 宮崎市安井息軒記念館
2001 馬たちの哀歓 1,250×1,800 油彩、カンヴァス
韓国岳 えびの高原 242×410 油彩、カンヴァス
明教堂の若き息軒 660×1,940 油彩、カンヴァス 宮崎市安井息軒記念館
安井仲平(二十二歳)大豆を煮る 1,000×1,200 油彩、カンヴァス 宮崎市安井息軒記念館
安井息軒 仲平豆と称し食す(二十二歳) 650×1,350 油彩、カンヴァス 宮崎市安井息軒記念館
江戸にいた安井息軒(七十二歳ごろ) 750×1,500 油彩、カンヴァス 宮崎市安井息軒記念館
2002 「火山地帯」表紙絵
戦争・馬もみていた 1,455×2,240 油彩、カンヴァス
安井息軒(七十歳ごろ)江戸 500×727 油彩、カンヴァス 宮崎市安井息軒記念館
2003 秋 心にのこっている景色 1,940×1,303 油彩、カンヴァス みやざき歴史文化館
2003 輸送船に乗せられて 1,940×1,303 油彩、カンヴァス
明教堂の息軒(三十歳)のころ 2,004×1,350 油彩、カンヴァス 宮崎市安井息軒記念館
2003-05 枝がなくなった水神さまの杉 1,347×450 油彩、杉板 デイサービスセンター不老閣
2004 子どものころからながめていたえのき 1,355×928 油彩、カンヴァス
馬、兵隊、輸送船に乗せられて 1,623×1,123 油彩、カンヴァス 都城市立美術館
2004-05 水神さまの杉 1,348×648 油彩、カンヴァス デイサービスセンター不老閣
2004-05 水神さまの杉 1,310×450 油彩、杉板
2005 手榴弾・めしを食いつつながめた 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
輸送船に乗せられて 1,940×1,303 油彩、カンヴァス
ユウカリノキ 1998年ごろ 1,303×894 油彩、カンヴァス
ユウカリノキ二○○四年 台風の後 1,455×894 油彩、カンヴァス
芸術劇場の夜二○○四年ごろ 1,120×1,455 油彩、カンヴァス
水神さまの杉 1,348×648 油彩、カンヴァス
ユウカリノキ二○○四年 台風近よる 1,455×894 油彩、板
釈迦誕生の地 ネパール・ルンビニ 654×842 油彩、板戸 個人蔵
(不明) 970×1,455 油彩、カンヴァス 宮崎市立檍中学校
2006 命令・勝哉号は歩けん ここにおけ 1,300×2,200 油彩、カンヴァス
敗戦・終戦・馬は支那へわたした 1,300×2,200 油彩、カンヴァス
敗戦・終戦・馬は支那へわたした 727×1,167 油彩、カンヴァス
2005年 台風の前 ユウカリノキ 油彩、カンヴァス 宮崎県立宮崎大宮高等学校
2005年 台風の後 ユウカリノキ 油彩、カンヴァス 宮崎県立宮崎大宮高等学校
2007 玄奘法師・高昌城を出発 805×1,165 油彩、カンヴァス 立命館大学国際平和ミュージアム
2008 勝哉号はここにおけ 1,200×1,620 油彩、カンヴァス
転戦ー馬部隊 1,300×2,200 油彩、カンヴァス
2009 馬と共に転戦 1,620×1,200 油彩、カンヴァス
ふるさとの風 昭和五十五年ごろ 600×910 油彩、カンヴァス 個人蔵
不明 戦死輜重一等兵 油彩、カンヴァス 宮崎県立美術館
馬は帰ってこない 中国から 油彩、カンヴァス 宮崎県立美術館
(不明) 1,120×1,940 油彩、カンヴァス
(不明) 1,500×1,940 油彩、カンヴァス
(不明) 1,500×1,940 油彩、カンヴァス
(不明) 1,300×1,620 油彩、カンヴァス
輸送船は揚子江を 1,620×1,300 油彩、カンヴァス
(不明) 606×910 油彩、カンヴァス
(不明) 606×727 油彩、カンヴァス
(不明) 1,303×894 油彩、カンヴァス
えのき 1,167×803 油彩、カンヴァス 個人蔵
競馬場の杉(冬) 727×1,167 油彩、カンヴァス
(不明) 910×727 油彩、カンヴァス
(不明) 1,455×970 油彩、カンヴァス
(不明) 970×1,303 油彩、カンヴァス
(不明) 1,120×1,455 油彩、カンヴァス
(不明) 1,120×1,455 油彩、カンヴァス
(不明) 1,120×1,455 油彩、カンヴァス
(不明) 1,120×1,455 油彩、カンヴァス
えのき 1,455×1,120 油彩、カンヴァス
杉の木の神様 1,358×432 油彩、杉板
(不明) 1,580×850 油彩、板戸
(不明) 1,580×850 油彩、板戸
スケッチメモ 鉛筆、紙 立命館大学国際平和ミュージアム
スケッチメモ 鉛筆、紙 立命館大学国際平和ミュージアム
スケッチメモ 鉛筆、紙 立命館大学国際平和ミュージアム
スケッチメモ 鉛筆、紙 立命館大学国際平和ミュージアム
スケッチメモ 鉛筆、紙 立命館大学国際平和ミュージアム
(不明) 430×305 リトグラフ
旅人と馬(晩秋) 1,655×1,355 油彩、カンヴァス
1,597×1,120 油彩、カンヴァス
畑は荒れはてて 1,630×1,045 油彩、カンヴァス
(不明) 1,300×2,200 油彩、カンヴァス
(不明) 1,300×1,620 油彩、カンヴァス
(不明) 1,120×1,620 油彩、カンヴァス
馬の家族 1,306×1,622 油彩、カンヴァス
馬ー47 1,630×1,310 油彩、カンヴァス
(不明) 727×1,167 油彩、カンヴァス
(不明) 652×910 油彩、カンヴァス
(不明) 600×865 油彩、カンヴァス
NO.1 働く馬 1,168×890 油彩、カンヴァス
NO.4 サーカスの馬 1,060×940 油彩、カンヴァス
出馬する馬-3 1,165×900 油彩、カンヴァス
(不明) 652×910 油彩、カンヴァス
(不明) 606×910 油彩、カンヴァス
(不明) 913×583 油彩、カンヴァス
(不明) 1,300×953 油彩、カンヴァス
(不明) 595×456 水彩、紙
(不明) 530×652 油彩、カンヴァス
(不明) 530×652 油彩、カンヴァス
(不明) 530×727 油彩、カンヴァス
ムサビ最後のスクーリング 718×440 油彩、カンヴァス
(不明) 410×530 油彩、カンヴァス
自画像 408×318 油彩、カンヴァス
(不明) 338×453 リトグラフ 立命館大学国際平和ミュージアム
スケッチ2枚組 250×180 コンテ、紙
スケッチ(馬と家族 色下絵) 360×261 コンテ、紙
スケッチ(馬闌社の人たち)4枚組 226×166 鉛筆、紙 立命館大学国際平和ミュージアム
スケッチ(神武様)2枚組 鉛筆、紙 立命館大学国際平和ミュージアム
スケッチ(牛、馬など)12枚組 鉛筆、紙 立命館大学国際平和ミュージアム
スケッチ(風景)2枚組 鉛筆、紙 立命館大学国際平和ミュージアム
スケッチ(馬と人) 300×418 コンテ、紙
スケッチ(馬と人) 420×305 コンテ、紙
馬の彫刻
求法の旅 1,100×1,750 油彩、カンヴァス 宮崎太陽銀行本店
文泰と玄奘法師の会見 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
宮崎駅・RTOー高千穂通り 油彩、カンヴァス 宮崎県立宮崎大宮高等学校
誕生・母子 油彩、カンヴァス 宮崎太陽銀行本店
(不明) 油彩、カンヴァス
ブッダガヤ(成道) 油彩、カンヴァス
クシナガラ(涅槃) 油彩、カンヴァス
ルンビニ(生誕) 油彩、カンヴァス
(不明) 油彩、カンヴァス
(不明) 油彩、カンヴァス
(不明) 油彩、カンヴァス
(不明) 油彩、カンヴァス
(不明) 油彩、カンヴァス
玄奘三蔵法師の求法の旅 高昌城(トゥルファン)を出発 油彩、カンヴァス 宮崎市立生目小学校卒業生はたち会
玄奘三蔵法師 求法の旅 砂漠のくぼみに隠れ伏す玄奘三蔵法師 油彩、カンヴァス 宮崎市立生目小学校卒業生はたち会
天竺に行く三蔵法師玄奘 玄奘を高昌城に迎える 油彩、カンヴァス 真栄寺
十連寺柿
三斗米騒動
戦争を馬も見ていた 200 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
不東・夜明け前 1,460×800 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
釈迦山中を行く 1,650×500 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
釈迦山中を行く 1,650×500 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
沙漠に立つ玄奘法師 1,650×500 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
伏して観音経を唱える 1,122×1,454 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
惠琳を帰らせる 1,303×1,930 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
般若心経を唱える 1,122×1,455 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
般若心経を唱える 1,500×1,939 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
もう水がなくなる 1,122×1,622 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
観音経を唱える 1,303×1,939 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
玄奘法師を追いかける 910×2,334 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
ゴビ沙漠の朝 910×1,168 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
玄奘法師を狙う胡人 894×1,303 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
玄奘法師と胡人争う 1,350×1,803 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
胡人は玄奘法師を狙ったが 894×1,303 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
観音経読誦(上弦) 1,300×1,930 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
不東・歩く 1,122×1,622 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
高昌城に玄奘法師を連れて 782×1,348 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
道整が逃げる 1,303×1,930 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
馬と語る玄奘法師 1,303×1,939 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
伊吾に向かって 1,503×1,939 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
玄奘法師を迎える麹文泰 1,500×1,931 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
玄奘法師に止まるように 1,300×1,931 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
麹文泰が見送る 1,290×1,620 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
疏勒河の水をのませる 1,122×1,622 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
胡人が玄奘法師の後ろから 935×1,175 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
瓜州を出発-強風 1,303×1,622 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
胡人を玄奘法師の前に 803×1,303 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
観音経・般若心経読誦(下弦) 975×1,454 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
蜃気楼 1,291×1,621 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
天山南路へ行く 1,303×1,622 油彩、カンヴァス 高鍋町美術館
『どぜう』
『ふるさとを訪ねて』
『みなみのくに』
『讃岐の旅』
『青葉城』
『戰塵』
『流雲』
『旅』
『櫻の國』